FC2ブログ

わん子々紹介

ダックスの子犬の宣伝&日々の色々

<<デジカメ  | ホーム | ふうぅ…まいった。>>

9月25日に・・・ 

2008.10.11

我が家の愛猫 トン君が永眠しました。

約17歳でした。

トン君は、とても穏やかで優しいにゃんこでした。

少々 臆病なところもありましたが争いごとが嫌いで誰にでも優しいいい子でした。

娘が小さい頃 「お母さん!猫を拾った」と慌てて家に帰ってきたことがありました。
私はてっきり小さい子猫だと思いダンボールを用意したりミルク買いに行かなきゃ・・・
なんて子猫を向かえる状態を整えていたら!!!!!

なんと 小さいかった娘が今にも引きずりそうに抱えてきたのは
大きな汚い猫・・・!?

えぇ~~~と思いましたが、見るからにやつれて具合が悪そう。

取り合えずトン君と同じ空間には一緒に出来ないので
別の部屋で休むところを作り獣医さんへGO~!
(どんな病気にかかっているかわからないため)

獣医さんで血液検査やその他諸々見て頂き一先ず家路へ。
幸いにも猫の感染病で2,3恐れられてる病気には感染していなかったので
ノミの駆除や体のお掃除&回復ができればトン君とも一緒にいられそう。

さて、この子どうするか???
正直 ブサイクだし(ごめん)大人ででかいし、そんなに若くもないし
新しい飼い主さん見つけるのは難しいよな???と悩む私を無視し
娘はささっと命名 ブルーに決めた!!!と宣言。

オイオイ勝手に決めるなよ。まだ家で飼うか決めてないし。

取り合えず もし 実は近所の飼い猫だといけないので
面倒を見ながらも1ヶ月ほど飼い主さんを探して見ましたが
やっぱり見つからず捨て猫のようです。

しょうがない 何かの縁だ我が家に迎えよう!!!
で うちの子になりました。

去勢手術をしてすっかりキレイになったブルー
相変わらずブサイクだけど味のある顔だ。

性格も穏やかでトン君との相性も抜群。

よーく2匹で庭のエアコンの室外機の上に並んで何時間もくっついていた。

しかし、1年くらいたったある日 突然ブルーが姿を消した。
もともと、人馴れしたのら猫なのか飼い猫が捨てられたのか素性の分からない子だったので
もしかしたら本当の家に帰ったのかも知れない。

長くなりましたが こんなに突然やって来て去っていったブルーにも優しかったトン君。
思い出は、まだまだ沢山ありますが、どれも楽しい思い出ばかりです。

そして 本日 10月11日はトン君の葬儀と納骨をしてきました。

我が家は、高尾の犬猫墓地に個人の墓地を所有しているので
歴代の子達が皆 一緒に眠っています。

main-image-koujouji.jpg
この立派な建物で合同の供養式を行います。

そして式の後に埋葬します。
photo02.jpg

トン君も今頃は、あちらの世界で先に逝った仲間達と再会していることでしょう。

画像 106

トン君 ありがとう 又 いつか会えたらいいね。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://dogbaby.blog59.fc2.com/tb.php/98-bbf14f71

 | HOME | 

プロフィール

シルバースプリングスノー

Author:シルバースプリングスノー
東京八王子市在住
ダックスのブリーダー
動物販売業届出済み

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
QRコード
QRコード
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2アフィリエイト
FC2 Affiliate
FC2アフィリエイト
FC2BLOG
FC2アフィリエイト
予約宿名人
FC2アフィリエイト
道・楽サーバ
FC2アフィリエイト
FC2レンタルサーバー
FC2アフィリエイト
FC2カウンター